6.GoogleAppsでワークスタイルを変革する

  • 会社全体でクラウド、SaasやASP活用し、コストとリスクの両面から効率化を推進することは、ワークスタイルそのものを変革すること。

さて、個人利用だけでなく、チーム内や企業全体などで利用することで、さらにメリットがあるのがスマホ+クラウド環境です。

まず利用検討してもらいたいのが、GoogleAppsです。 Googleは、スマホの一翼であるAndroidの生みの親でもあります。

いわゆるグループウェアのような使い方が無料で始めることができます。

Gmailというメールのサービスは、皆さんにもお馴染みかもしれないですがカレンダーやドキュメントこそ、チームで使うことでスタイル変革につながります。

例えば、カレンダーは、チームメンバーの予定を共有することができるのはもちろん、それをパソコンでもスマホでも参照することができます。携帯電話でも可能ですし、チームで共有するカレンダーに、自分のプライベートカレンダーなどを同一画面に表示することができるので、活用の幅も広がります。また、スケジュール管理用のアプリの多くはGoogleカレンダーと同期を取る機能があるので、お気に入りのアプリを見つけるといいでしょう。

ドキュメントでは、表計算シートを数人で共有して、データを編集することもできるので、営業報告シートを共有して、メンバーが記入した報告をすぐにリーダが参照して、コメント追記したりするといった使い方もできます。

さらに、このGoogleAppsのいいところは、オリジナルドメインを利用することです。 @gmail.comでなく、@自社ドメインを使えるので、自社で運用しているサーバ費用などを管理人件費と共に大幅に削減できるメリットもあります。

無料サービスを使ってチーム内で試験運用して、有料サービスで会社全体にアップグレードするような進め方が良いと思います。このような導入をコンサルするGoogleの代理店もあるので利用してみるといいでしょう。(6000円より格安になるかも?)



出典:『Google Apps はグループによるコミュニティ形成を支援します - Google Apps』
http://www.google.com/apps/intl/ja/group/index.html